キャロウェイ・スタッフプレーヤー多数参戦! 「全米オープン」まもなく開幕

6月17~20日、2021年のメジャー第3戦、第121回全米オープンが、カリフォルニア州ラ・ホーヤのトーリー・パインズゴルフコース(サウスコース)にて行われます。キャロウェイ・スタッフプレーヤーも、数多く参戦します。出場権が確定している選手は、以下のとおりです。

● ザンダー・シャウフェレ(アメリカ)
● フィル・ミケルソン(アメリカ)
● ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)
● フランチェスコ・モリナリ(イタリア)
● ケビン・キズナー(アメリカ)
● ジョン・ラーム(スペイン)
● マーク・リーシュマン(オーストラリア)
● ケビン・ナ(アメリカ)
● キム・シウー(韓国)
● マット・ウォレス(イングランド)
● クリスチャン・ベズーデンハウト(南アフリカ)
● サム・バーンズ(アメリカ)
● イ・キョンフン(韓国)
● 石川遼(日本)

ザンダー・シャウフェレ 、フィル・ミケルソン
ジョン・ラーム、石川遼

● アダム・ハドウィン(カナダ)
● アクシェイ・バティア(アメリカ)
● ブランデン・グレース(南アフリカ)
● ブライアン・スチュアード(アメリカ)
● デーブ・カウプランド(イングランド)
● ディラン・フリッテリ(南アフリカ)
● ディラン・マイヤー(アメリカ)
● エリック・ファンローエン(南アフリカ)
● ルイス・フェルナンド・バルコ (スイス)
● グイド・ミグリオッティ(イタリア)
● ジョーダン・スミス(イングランド)
● ルイス・ギャグニー(コスタリカ)
● マーカス・アーミテージ(イングランド)
● パトリック・ロジャース(アメリカ)
● トーマス・エイケン(南アフリカ)
● トーマス・デトリー(ベルギー)

なかでもいちばんの注目は、5月の全米プロゴルフ選手権で史上最年長(50歳)メジャーチャンピオンに輝いたフィル・ミケルソンです。今大会には、主催者のUSGAによる特別推薦を受けて出場する予定でしたが、全米プロ優勝により自力で出場権を獲得。ミケルソンはこれまでマスターズ、全米プロ、全英オープンを制しており、キャリアグランドスラム達成へ残るは、全米オープンのみとなっています。加えて、開催地はミケルソンの地元も地元。これまで以上に多くの視線が注がれることは、間違いありません。

ジョン・ラーム、ザンダー・シャウフェレにも期待です。この2人は、メジャー初戴冠にもっとも近いトッププレーヤーの代表的存在と言えます。今年のメジャーにおいても、ラームはマスターズで5位タイ、全米プロで8位タイ、シャウフェレはマスターズで3位タイに入っています。そのプレーからは、目が離せません。
なお、ラームは先日のザ・メモリアルトーナメントにおいて、独走態勢の首位にいながら、3日目を終えたところで新型コロナ陽性判定を受け、棄権を余儀なくされるという、思わぬ不運に見舞われました。しかし、ラームは自身のツイッターで、「This is one of those things that happens in life,one of those moments where how we respond to a setback defines us as people.(これも人生で起こることのひとつ。挫折に対してどう対応するかで人間性が決まる瞬間でもある)」と、前向きなコメントを発表しています。

日本期待の石川遼プロは、5月下旬に茨城県で行われた予選会において見事トップ通過を果たし、2年連続6度目の出場となります。昨年は、スイングの大改造中で、かつ、新型コロナウイルスの影響により試合出場も少ないなか、しっかりと予選を突破し、51位タイフィニッシュ。よりスイングの精度が高まり、日本男子ツアーで優勝争いする回数も多い今年は、どんな戦いぶりを見せてくれるでしょうか。

スタッフプレーヤーの成績ももちろんですが、彼らが使用するキャロウェイ製品も要チェックです。上に挙げたリストのほとんどの選手が、2021年ニューEPICシリーズとCHROME SOFT Xボールとともに戦います。ドライビングディスタンスやフェアウェイキープ率などのスタッツで、誰が上位に名前を連ねるでしょうか。

また、彼らは例年どおり、今大会用に特別に製作されたゴルフバッグ、ヘッドカバー、パターカバーも使用します。

いずれも、アメリカのナショナルオープンらしく、基調カラーに国旗の赤、白、青を採用し、コース名の由来にもなっている絶滅危惧種の松、トーリー・パイン(開催コース近辺の沿岸部とカリフォルニア州サンタローザ島にだけ生育)もモチーフとして描かれています。これらのレプリカモデルは、CALLAWAY EXCLUSIVEにおいて6月10日より数量限定発売中ですので、キャロウェイ オンラインストアで写真や詳細などをご確認ください!

メジャーコレクションはコチラ!

フィル・ミケルソン メジャー制覇! 勝利を重ねる「EPIC SPEEDドライバー」使用

<2021 新製品 スペシャルサイトはコチラ!>
■ EPICドライバーシリーズ
 「EPIC SPEEDドライバー」 「EPIC MAXドライバー」 「EPIC MAX LSドライバー」

■ EPICフェアウェイウッドシリーズ
「EPIC SPEEDフェアウェイウッド」 「EPIC MAXフェアウェイウッド」

■ APEXユーティリティシリーズ
「APEXユーティリティ」 「APEX PROユーティリティ」

■ APEXアイアンシリーズ 
「APEXアイアン」 「APEX DCBアイアン」 「APEX PROアイアン」

■ CHROME SOFT Xボール