エピック フラッシュが猛威を振るう! メジャー初戦に大注目!

2019年もいよいよメジャーの季節がやってきました。女子は先週、第1戦目が行われ、続けて今週は男子の初戦が開幕です。今回もキャロウェイ・スタッフプレーヤーがたくさん出場します。しかも今年は、今シーズンのUSPGAツアーで優勝を果たしているプレーヤーが多いというのが特徴的です。4月11日から始まるメジャー初戦に、とても期待が持てそうですよね。ということで、主な出場選手をワールドゴルフランキング順(2019年4月7日発表)にご紹介していきましょう。

●フランチェスコ・モリナリ(ワールドゴルフランキング7位)
イタリア出身のモリナリは、現在36歳。3月上旬にキャロウェイ・スタッフプレーヤーの仲間入りをしたばかりで、いきなりその週の「アーノルド・パーマーインビテーショナル・プレゼンティッド by マスターカード」で優勝を果たすという衝撃を与えてくれました。また、3月下旬のWGC-デル・テクノロジーズマッチプレーでも、3位に入っています。昨年は全英オープンで優勝しており、今回も堂々の優勝候補と言えます。

Photo by Kevin C. Cox/Getty Images

●ザンダー・シャウフェレ(ワールドゴルフランキング10位)
シャウフェレは、アメリカ出身の25歳。昨年、キャロウェイ・スタッフプレーヤーとなりました。今シーズンは、昨年10月のWGC-HSBCチャンピオンズと1月のセントリー・トーナメント of チャンピオンズで優勝しており、フェデックスカップランキングでは3位につけています。昨年のメジャーでは、全米オープンで6位タイ、全英オープンで2位タイ。まだメジャーを勝っていない選手のなかで、メジャーにもっとも近い1人と言えそうです。

●マーク・リーシュマン(ワールドゴルフランキング20位)
オーストラリア出身のリーシュマンは、35歳。USPGAツアー通算4勝を挙げており、今シーズンも昨年10月のCIMBクラシックで優勝し、トップ10も5回を数えています。フェデックスカップランキングは現在7位。昨年のメジャーは、初戦で9位に入っており、彼もシャウフェレと同様に、まだメジャーを手にしていないプレーヤーのなかで、メジャーにもっとも近い1人と言えるかもしれません。

●フィル・ミケルソン(ワールドゴルフランキング22位)
アメリカ出身で48歳のミケルソンは、もう説明不要なほどの存在と言えます。今シーズンはAT&T ぺブルビーチプロアマで、ツアー通算44勝目を挙げました。メジャー優勝は5回。今回優勝すれば、2013年の第3戦以来となる6年ぶりのメジャー制覇となり、メジャー初戦の優勝回数は4勝目となります。また、2013年の全英オープン優勝以降、ミケルソンはキャリアグランドスラムにも王手をかけている状態です。今年の全米オープンで優勝し、メジャー全制覇が達成されるかどうか、期待が膨らみます。

●ケビン・キズナー(ワールドゴルフランキング25位)
キズナーはアメリカ出身で、リーシュマンと同じく35歳。ツアー通算3勝で、3月下旬のWGC-デル・テクノロジーズマッチプレーにおいて、2017年以来の優勝を飾りました。キャロウェイ・スタッフプレーヤーのなかでは、優勝からもっとも日が浅い選手であり、とくに好調のプレーヤーと言えるかもしれません。昨年の全英オープンは、前述のとおり、モリナリが優勝しましたが、2打差の2位タイになったのが、シャウフェレとキズナーです。キズナーも、シャウフェレやリーシュマン同様、“今年こそはメジャー初制覇”と、気合が入っているはずです。

●セルヒオ・ガルシア(ワールドゴルフランキング27位)
スペイン出身のガルシアは、39歳。今シーズン、USPGAツアーには6戦しか出場していませんが、トップ10を3回記録しており、ヨーロピアンツアーでも出場3戦(WGCを除く)でトップ10が2回と、とても好調の様子です。メジャーでは、なんといっても2017年のメジャー初戦を勝利したシーンが記憶に新しいところ。今週、2度目のメジャー優勝は達成されるでしょうか。

左/セルヒオ・ガルシア、右/ヘンリック・ステンソン

●ヘンリック・ステンソン(ワールドゴルフランキング38位)
ステンソンは、スウェーデン出身の43歳。今シーズンのUSPGAツアーでは5戦を戦い、WGC-デル・テクノロジーズマッチプレーで9位タイとなっています。メジャーでは、ミケルソンとの死闘の末に初優勝を果たした2016年の全英オープンが、多くの人の脳裏に焼きついていることでしょう。昨年のメジャーは、第1戦5位タイ、第2戦6位タイ。188cmの長身から繰り出される強烈な弾道で、今年こそメジャー初戦を制圧したいところでしょう。

ここに紹介した7人はすべて、「EPIC FLASH Sub Zero ドライバー」を使用する予定となっており、ほかにも多くのプレーヤーが、フェアウェイウッドも含めて、「EPIC FLASH シリーズ」をバッグに入れて戦います。選手たちのプレーはもちろん、「EPIC FLASH シリーズ」のパフォーマンスも要チェックです。

またミケルソンは、「EPIC FLASH Sub Zero ドライバー」に加えて、4月19日に発売される「CHROME SOFT X ボール トリプル・トラック」も使用する予定です。テレビ中継でミケルソンのパッティングシーンなどが映った際には、トリプル・トラック テクノロジーのブルーとレッドの3本線が見えるはずです。こちらにもぜひ、ご注目ください。

EPIC FLASH シリーズはコチラ!

CHROME SOFT X ボール トリプル・トラックはコチラ!