日本女子ツアー エピック フラッシュ サブ ゼロ ドライバー 2週連続優勝!

2週続けて、「EPIC FLASH シリーズ」が大活躍です! 前週は、キャロウェイ・スタッフプレーヤーの河本結プロが「EPIC FLASH Sub Zero ドライバー」を使用して初優勝を飾りましたが、4月4~7日に静岡県の葛城ゴルフ倶楽部 山名コースで行われた、日本女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」においても、「EPIC FLASH Sub Zero ドライバー」が優勝。また、2位も同じく「EPIC FLASH Sub Zero ドライバー」。3月の国内女子ツアー開幕から、キャロウェイのドライバー&フェアウェイウッドは、5週連続使用率No.1*を誇っていますが、この勢いの中心にあるのが、「EPIC FLASH シリーズ」。ここにきて、シェアだけでなく、強さもとても目立ってきました。
(*Darrell Survey調べ。2019年4月8日時点)

何より、「EPIC FLASH シリーズ」のストロングポイントは、やはり飛距離性能です。河本プロが優勝した際、河本プロのドライバーショットについてキャロウェイのツアー担当者は、「飛距離が約20ヤードアップ! 方向性も良く、セカンドショットで持つクラブも2番手変わっています。持つクラブが短くなるので、スコアメイクにも繋がりました!」と言っていましたが、「EPIC FLASH シリーズ」の飛びの凄さは、「ヤマハレディースオープン葛城」においても突出していました。

4日間平均のドライビングディスタンスのスタッツを見ると、1位をはじめとして、トップ5のドライバーのうち4本(!)が「EPIC FLASH Sub Zero ドライバー」なんです。AIが生み出した「FLASH フェース」の性能は、本当に驚異的ですね! ちなみに、その4本のうちの3位と5位は、キャロウェイ・スタッフプレーヤーの三浦桃香プロとテレサ・ループロでした。

発売から約2カ月が経ち、すでに多くの方が「EPIC FLASH シリーズ」のパフォーマンスの高さを体感されているはずですが、「まだ、打っていない」という方は、ぜひ販売店などで試打してみてください。きっと、「FLASH フェース」のボール初速にビックリされることでしょう。また、「実際の弾道も自分の目で確かめたい」という方には、全国各地の練習場で続々と行われているキャロウェイの試打会がオススメです。キャロウェイWEBサイトの試打会情報ページでスケジュールや開催地をチェックしてみてください!

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーの製品情報はコチラ!

EPIC FLASH シリーズ 製品情報はコチラ!

エピック フラッシュの特設サイトはコチラ!