ツアー担当が語る! WHAT’S IN THE BAG 柏原明日架

スタッフプレーヤーのキャディバッグの中身を、キャロウェイのツアー担当が詳しくご紹介していく今企画。
プロのみなさんの、14本の選び方やこだわり、クラブに関するエピソードなどが明かされていきます。今回は、女子スタッフプレーヤーでいちばんの若手、柏原明日架プロです。ツアー担当によると、柏原プロは、「キャロウェイのコンセプトにすごく合っているプレーヤー」。恵まれた体格からハードなスペックを想像してしまいますが、柏原プロのクラブ選びの重要な要素は、「やさしさ」なのだそうです。

ツアー担当が語る! WHAT’S IN THE BAG 柏原明日架

XR 16ドライバー 9.5°
BIG BERTHA BETA フェアウェイウッド 15°
XR 16 フェアウェイウッド 19°、21°
X HOT ユーティリティ 25°
APEXアイアン(I#6-PW)
MD3 ウェッジ 48°、52°、58°
ODYSSEY WHITE HOT PRO #7 パター
SR2.5 ボール

※写真は7/22時点でのスペックであり、変更する場合がございます。

「柏原プロは、やさしいモデルを使う傾向が強いですね。たとえばドライバーでは、XR PRO 16やBIG BERTHA ALPHA 816◆◆などは、見た瞬間に、難しそうだからダメとなります。ヘッドは大き目でシャローバックなものが好き。難しいものは使いたがらないプロです。
もちろん見た目だけでなく、つかまりの良さというやさしさも重要なポイントです。持ち球は基本的にドローで、1球打ったときにつかまらないクラブは使いません。どちらかといえば左に行くクラブを選び、そこから曲がりの割合を少しずつ減らしていくという調整方法です。逆に、右に行くようなクラブはダメで、右に行くボールを左に行くように直す作業はしません。今年、BIG BERTHA BETA ドライバーを試合で使いましたが、これもつかまりがいいから。ただ、スピン量がどうしても多すぎるということで、XR ドライバーに戻しました。3番ウッドのBIG BERTHA BETAや、X HOT ユーティリティもそうです。スプーンは、とにかくつかまってボールが浮いてくれるというのが大前提。X HOT ユーティリティも、グースがかなりあって、ヘッド後方が薄く長く、つかまるクラブです。
アイアンは、最新のAPEXアイアンも打ったのですが、本人いわく、前作のAPEXアイアンと顔の形が若干違っていて、前作のほうがイメージしやすいそうです。ライ角は、少しアップライトに調整しています。身長が高いというのもありますが、ウッドと同様、ペシャっと右にこすってしまうようなクラブは本当に嫌いなんです。彼女の打つボールを見ていて、ストレートからちょっとフェードのボールが出たときに、『ああ、いいボールだね』なんて言っても、本人的には、『全然ダメ。嫌だ』という話になるんですよ。
ウェッジは3本ですが、ロフト45°のPWと48°のウェッジとでは、ロフト差が小さすぎるのでは? と感じる人もいるかもしれません。じつは、ほかの女子プロを見ていても、PWの次に48°や47°を入れたりしている人が多いです。どうやら、100ヤードをきっちり打てるウェッジをみなさん欲しいようで、この100ヤードを基準にアプローチ全体を組み立てているんです。実際、そういった相談も多く、52°や58°などは、あまりロフトを調整しないのですが、この100ヤードのためのウェッジでは調整の機会が多いですね。
柏原プロは、パターもやさしいものを選びます。写真のパターは、#7タイプのなかでもヘッドが大き目のものです。一時期、練習場ですごくタッチが合ったということでブレードを使ったのですが、試合のプレッシャーのなかではショートパットが難しくなるということで、結局このパターに戻りました。プロになってからずっと使っています。グリップも変えていなくて、いまはボロボロです(笑)。でもフィーリングがいいようで、変えられないようですね。本当に使えないくらいにならないと、変えないんじゃないですか(笑)」

柏原明日架

出身地:宮崎県宮崎市
生年月日:1996年1月30日

18Question! 18の質問からみえるプロの素顔  柏原明日架

スタッフプレイヤーインタビュー 柏原明日架