2018年日本女子ツアー開幕! ドライバー・FWで使用率No.1、ROGUE旋風の予感!?

先週からいよいよ、2018年の日本女子ツアーが開幕しました。この開幕戦では、じつはキャロウェイのクラブとオデッセイのパターが大活躍でした。出場選手全体でドライバーの使用率は1位タイ、フェアウェイウッドの使用率も1位、そしてオデッセイのパターは従来どおり、ダントツの1位だったんです!

もっと細かくお伝えしますと、ドライバーは全体の14.8%を記録して1位タイ、フェアウェイウッドは24.4%を占めて、2位に6.5%の大きな差をつけての1位。オデッセイのパターに至っては全体の60.2%と、これまでと変わらず圧倒的なシェアでした。


ドライバーとフェアウェイウッドに関しては、2018年ニューモデル「ROGUE」シリーズの登場が大きいのは間違いないでしょう。キャロウェイのドライバーを使用したプロの半数が、さっそく「ROGUE」シリーズのドライバーをチョイスし、フェアウェイウッドではさらに上回って55%ものプレーヤーが、「ROGUE」のモデルをキャディバッグに入れていました。とくにフェアウェイウッドに関しては、新たに採用された“2本の柱”、JAILBREAK テクノロジーによる飛距離性能が高く評価されたということなのでしょう。

ここで、キャロウェイ・スタッフプレーヤー、テレサ・ループロの開幕戦でのセッティングをご紹介しましょう。

ROGUE Sub Zero ドライバー 9.0° グラファイトデザインTour AD PT-5(S)
ROGUEフェアウェイウッド 15°(日本未発売) グラファイトデザイン Tour AD PT-6(SR)
ROGUE ユーティリティ 21°(日本未発売)  グラファイトデザイン Tour AD HY-65(S)
ROGUE ユーティリティ 24°(日本未発売)  グラファイトデザイン Tour AD HY-65(S)
EPIC STAR ユーティリティ 26° グラファイトデザインTour AD HY-65(S)
X FORGED アイアン(I#6-PW) (2018年) 日本シャフト N.S.PRO 850 GH(S)
MACK DADDY 4 ウェッジ(マットブラック)50°、54°、58° トゥルーテンパー M10 DB(SR)
ODYSSEY O-WORKS #1 TANK
CHROME SOFT X ボール(2018年)

*写真は3/4時点でのスペックであり、変更する可能性がございます。

ドライバーからユーティリティまで、ROGUEシリーズがズラリですね!

また、みなさんもぜひ、2月23日から発売されている「ROGUE STAR」ドライバーフェアウェイウッドユーティリティ「ROGUE Sub Zero」ドライバー(数量限定)をお試しください。アイアンも、4月中旬発売予定です!

「ROGUE」のスペシャルサイトはコチラ!

※クラブ使用率のデータはすべて、Darrell Survey調べ。