2本のラインがアドレスの正確性を向上! 注目の「EYE TRAX パター」がいよいよ登場です

オデッセイから、また注目のニューパターが登場です。名前は、「EYE TRAX パター」。EYEは目、TRAXは轍(わだち)や、足跡、軌道といった意味を持つtrackの複数形の表記を変化させたものですが、果たして「EYE TRAX パター」とは、どんなパターなのでしょうか。

最大の特徴は、新しいハイデフ・アライメントにあります。ハイデフはハイデフィニションの略で、デフィニションは鮮明度や精細度の意味。高精度、高解像度なテレビの表示を示す言葉としてもよく使われています。「EYE TRAX パター」のハイデフ・アライメントも、はっきりと見えるところがポイントです。

ヘッド上面には、従来の細い線や1本線といったアライメントとは異なり、かなり太いラインが2本、描かれています。しかも、白と黒でコントラストがついているので、写真で見てもくっきりと目に飛び込んできますよね。

これによって、2つの利点が生まれます。まずはターゲットへの狙い方が正確になることです。ハイデフ・アライメントによって、2本の直線をはっきりと認識できますから、フェースを目標に対してまっすぐ向けたり、フェースをラインに対して直角に合わせたりすることが容易になります。逆に、ズレて構えることのほうが難しそうなくらいです。このハイデフ・アライメントなら、アドレスの正確性についての迷いはなくなりそうですよね。

もう1つの良いところは、残像効果です。ここまではっきりとしているアライメントですから、ストローク中に2本のラインが目に残ります。これによって、まっすぐにヘッドを出していけているかどうかが確認できますし、それを重ねていくことによって、安定したストロークへと改善していくこともできそうです。ビギナー、初心者の方はもちろん、パッティングに不安を持っているゴルファーの方にもピッタリのパターと言えるかもしれません。

他の部分も見ておきましょう。まずフェースには、以前、ホワイト・ホット RX パターで登場したホワイト・ホット RX インサートを搭載。究極のソフトフィーリングという高い評価を受けていただけに、打球感はとても柔らかく、打球音も心地良いものとなっています。また、表面に施された楕円形のテクスチャーにより、ボールの転がりは抜群で、安定したボールの打ち出し角と転がりも実現してくれます。

ラインアップには、オデッセイのなかでも人気の高い、DOUBLE WIDE、#5、#7、2-BALLの4モデルを用意。#5は先日行われた女子ツアー、アースモンダミンカップで藤田光里プロが早速使用していました。
また、「EYE TRAX パター」は、価格も魅力的です。

@hikari.fujita_official インスタグラムより

左上/ダブルワイド、右上/#5、左下/#7、右下/2ボール

スチールシャフトの採用などにより、オデッセイの現行モデルのなかでも、お求めやすい設定となっています。発売は、7月17日の予定です!

「EYE TRAX パター」の製品情報はコチラ!