キャロウェイニュース取材班の体験レポ ! スピン性能は本当にすごいの?「JAWS ウェッジ」を打ってみた!

先日、キャロウェイの新しいウェッジが発表されました。MACK DADDY 4 ウェッジの後継モデル、「JAWS ウェッジ」です。ネック部分には、MD5という文字も刻印されていますが、なぜMACK DADDY 5 ウェッジではなく、「JAWS ウェッジ」と名付けられたかといえば、いちばんの理由は、まったく新しい発想の溝、37Vグルーブが採用されたから。この溝、本当にすごいスピン性能を発揮するそうなんです。今回も、キャロウェイニュース取材班が一足お先に試させていただいたので、そのレポートをお届けいたします。

さて、レポートの前にもう少しだけ詳しく、37Vグルーブについて見ておきましょう。この溝がどうして、すごいスピンを発生させるかといえば、溝のフェース面上の角が鋭くなったから。2010年に新しい溝規制が導入されたことは、覚えている方も多いことでしょう。このルールのなかで、従来とは考え方を変えることにより、角を最大限、鋭くしているんです。

この2010年のルールを簡単に言えば、次のようになります。溝をフェース面に対して、鋭角(溝の断面が正方形や長方形に近い形)に入れる場合、その分、溝のフェース面上の角には丸みをつけなければなりません。逆に、溝の角度を浅く(溝の断面を台形のように)すればするほど、その分、フェース面上の角は、鋭くすることができます。これまでは、よりスピンを得ようと、前者の方法を採用して鋭角な溝が導入されていました。しかし、今回の37Vグルーブは、後者のほうに考え方を振り、それによってフェース面上の角を鋭いものにしたわけです。

この37Vグルーブの導入により、もっとも恩恵を受けるのが、スリークォーターやハーフショットを強いられる、中途半端な距離のアプローチです。もちろんフルショットの距離でも差は生まれますが、ヘッドスピードが速いので、以前の溝でも大きなスピンを発生させることが可能です。でも、ヘッドスピードを速くできないアプローチの場合、この“角の鋭さ”が大きな効果をもたらすんです。

以下の動画をご覧ください。キャロウェイの吉野剛史クラブフィッターが、40ヤードほどの距離を、MACK DADDY 4 ウェッジと「JAWS ウェッジ」のロフト56度で打ってみた映像です。

トラックマンのデータで、「JAWS ウェッジ」のほうが400~500回転も多いスピンを発生させていることがわかります。すごい違いです! しかも、吉野フィッターにお話を聞くと、感覚的にも「明らかな差を感じる」のだそうです。

「すっかり、2010年以前のウェッジの食いつき感がよみがえりました! トラックマンでの数値の違い以上に、打っている手応えが良かったです。従来のモデルは、例えるなら紙やすりでこすっている感じですが、「JAWS ウェッジ」は、刃先がボールにグイッと入っていっている感じです。摩擦抵抗が上がったというよりも、角が食いついているという印象なんです」

かつてのウェッジの感覚がよみがえるとは、すごいですよね。でも実際、筆者も打ってみたところ(MACK DADDY FORGED ウェッジと比較。ロフト56度)、吉野フィッターの言葉に納得がいきました。MACK DADDY FORGED ウェッジは“こすっている”印象で、「JAWS ウェッジ」は“ひっかかっている”感触なんです。

トラックマンでも計測してみましたが、40~43ヤードの距離を打てたときは、MACK DADDY FORGED ウェッジで打ったデータが4600回転前後のスピン量で、「JAWS ウェッジ」では5000回転を上回りました。

しかも「JAWS ウェッジ」のほうが、スピン量が狭い範囲で揃っていて、さらに、打ち出しの高さも一定に近い感じがしました。アマチュアは、同じ振り幅で打ったとしても、ヘッドがきれいに入り過ぎて、想定より手前で止まってしまったり、ボールがフェース上で滑って、距離が思った以上に出てしまったりするものです。でも、「JAWS ウェッジ」なら、距離のバラつきが少なくなりそうです。大きなスピン量が得られることが、「JAWS ウェッジ」の大きな魅力ですが、それとともに、距離感が合いやすいことが、実戦における利点と言えるかもしれません。

「JAWS ウェッジ」は、9月20日発売予定です。ぜひ、みなさんも店頭や試打会などで、新しい発想により生まれた37Vグルーブの効果を確かめてみてください。

石川遼プロのインプレッション公開中!

『JAWS ウェッジ』のスペシャルサイトはコチラ!

『JAWS ウェッジ』の製品情報はコチラ!