キャロウェイニュース取材班の体験レポ !「STROKE LAB パター」を打ってみた!

「EPIC FLASH シリーズ」、「APEX/APEX PRO アイアン」と立てつづけに、キャロウェイニュース取材班による2019年ニューモデル試打レポートをお届けしてきましたが、今回はオデッセイの新しいパターです。「プロのような再現性を、あなたにも。」というコピーで登場の、「STROKE LAB パター」。こちらも、実際に打ってみると、相当な進化を実感しました!

今回の「STROKE LAB パター」は、初代の「STROKE LAB パター」、昨年の「STROKE LAB i パター」に続く、3代目と言えるモデル。そして、この3モデルを通して一貫して追求されてきているのが、リズムの安定性やストロークの再現性の向上です。毎回一定しないアマチュアゴルファーのパッティングを、プロのような精度にまで高めて、パット数の削減を助けようということですね。

では、それをどうやって実現しているかといえば、カギは、“パター全体の慣性モーメントアップ”。具体的には、従来よりも軽量なパターシャフトを採用することで余剰重量を生み出し、その重量をヘッド側とグリップ側に再配分するという方法です。ドライバーでよく、「ヘッドの慣性モーメント向上によって、ミスヒットしてもヘッドがブレにくい」といった話が出てきますが、「STROKE LAB パター」も同様です。高い慣性モーメントによって、パター全体が変則的な動きをしにくくなっているため、ストロークやリズムに一貫性が出てくるということですね。

で、ここからが本題です。新しい「STROKE LAB パター」のどこが進化しているかといえば、最重要パーツであるシャフト! これまではスチール製だったのが、今回はスチールとカーボンの複合シャフトとなっています。重さは約75g。通常のパターのスチールシャフトは、110~120gということですから、大きな差です。

でも、数字以上にすごいのが、実際に打ったときの感覚です。本当に普通のパターとの違いが歴然なんです。これまで初代と2代目も打ったことがあるのですが、それとも明らかに異なるフィーリングです。手やヘッドが余計な動きをしません。もっと言うと、たとえ手やヘッドだけを動かそうと思っても、“させられない”ほどに感じました。それくらい、パター全体が一緒になって動いてくれますから、いわゆるパンチが入ったりするといったことが起こりません。もちろん、パターの動きの感覚が普通のパターとかなり違うので慣れる必要もありそうですが、一度つかんでしまえば、相当な武器になるのではないでしょうか。

フェースインサートとラインアップについても触れておかなければいけません。昨年のEXO シリーズで初めて搭載されたホワイト・ホット マイクロヒンジ・インサートが採用されているので、フィーリングとボールの転がりは抜群です。またラインアップはメンズモデルが18機種と、ウィメンズモデルが4機種で、驚きの22機種! 必ずや、自分好みのヘッドタイプやネック形状を見つけられるはずです。


ちなみに今回の試打では、写真にあるように、主に「TUTTLE」を打ってみました。「TUTTLE」は、以前、キャロウェイのパターに存在した名前になります。また、ヘッドのデザインや形が、かつての “かまぼこ”パターっぽくもあり、その意味でも懐かしい感じを受けるベテランゴルファーの方がいらっしゃるかもしれません。

ラインアップ全体で見ても、シルバーとブラックを組み合わせたカラーとデザインは、精悍さがあって、とてもカッコいいですよね。差し色のイエローも効いています。

また、O-WORKS TOURと同様に、ソールのスクリューウェイトが自動車のホイールのようなデザインになっていて、細部にまでこだわりが感じられます。発売は、2月22日。ぜひ、みなさんもお店で手に取ってみて、お試しになってみてください。きっと、慣性モーメントの効果を感じてもらえるはずです!

「STROKE LAB パター」のスペシャルサイトはコチラ!
「STROKE LAB パター」の製品情報はコチラ!

<大人気企画! キャロウェイニュース取材班の体験レポ!>
「EPIC FLASH ドライバー」を打ってみた!
「APEX アイアン」を打ってみた!