プレミアムな新シリーズ「オデッセイ トゥーロン パター」が登場!

今週水曜日、オデッセイからまたまた新しいシリーズが発表になりました。「ODYSSEY TOULON(オデッセイ トゥーロン)パター」です。トゥーロンといえば、みなさん、昨年発売になった、独自の形状がカッコいい「トゥーロン・デザイン パター インディアナポリス」を思い出されるかもしれません。でも、今回の「ODYSSEY TOULON」は、“プレミアムなパター”としてグレードアップした、完全な新ブランドなんです!

ヘッドは303 ステンレススチールの削り出しで、その表面にはハイエンドモデルにふさわしい美しさを放つチャコールパールPVD仕上げを採用しています。この色合い、見るからにプレミアム感があって、とても所有感をくすぐられます。

フェースは、オデッセイから現在発売中の他のモデルとは異なり、ノンインサートモデルとなります。フェース面は「インディアナポリス」のときと同様、ボールの転がりを向上させ、心地良い打球感と打球音を生む溝が入っています。独自の「ディープ・ダイヤモンドミル・フェース」です。しかも今回の「ODYSSEY TOULON」からは、フェースの全面に採用されています。また、ヒール側には、オデッセイのスウォール(渦巻き)マークがグリーンで入れられています。上品なデザインですね。

303 ステンレススチール削り出しのノンインサートということで、よりソリッドなフィーリングを求めるプレーヤーに適した、金属系の打球感と高めの打球音を味わうことができます。インサートパターの打感も心地良いですが、金属のしっかりとしたフィーリングも、やっぱりいいですよね。ボールスピードも速めで、先にも書いたように、ディープ・ダイヤモンドミル・フェースによってボールには順回転が与えられるので、転がりもとてもいいみたいですよ。

ヘッドタイプは全部で6種類が上陸です! それぞれの名前にはアメリカの都市名がつけられています。各都市にちなんだイラストもありまして、それは、ソールに刻印されているのでご覧ください。また、ソールにはスウォールマークが刻印されていて、「ODYSSEY TOULON」のロゴマークが入ったソールプレートも装着されています。

“オースティン”“サンディエゴ”は、バックフェースのフランジ部分の形状が少し異なるブレードタイプ(画像はサンディエゴ)。

“アトランタ”はやや小さめのマレット。

その“アトランタ”をツノ型のようにしたのが、“ポートランド”

“ラスベガス”は、オデッセイの人気モデル、ツノ型の#7の形。

“サンフランシスコ”は定番のL字マレット。

発売は、12月14日の予定です(サンフランシスコは1月中旬予定)。

そして、「ODYSSEY TOULON」から、もう一つトピックスが!  “限定”や“プロトタイプ”という言葉に弱い人には、たまらないモデルがあるんです。「ODYSSEY TOULON パター SFO プロト」です。このパター、石川遼プロのフィードバックからインスパイアを受けているそうでして、石川プロが「トップ杯東海クラシック」で実戦投入したことでも大きな話題となっていたモデルです。

“SFO”は“SAN FRANCISCO”の略で、通常モデルにもラインアップされているL字タイプですが、「SFO プロト」は、その名が示す通り、ツアープロだけが手にできるプロトタイプを特別に製品化したモデルです。フェースは、ディープ・ダイヤモンドミル・フェースの溝がない「ライトミーリング・フェース」となっていて、通常版のようなソールプレートも採用されていません。

つまり、繊細かつ、丁寧に削り出した303 ステンレススチールのそのままの打感が、ダイレクトに手に伝わってくるということです。いやー、どんな打感と音なんでしょうかね? 試してみたいですよね。 

また、ソール部分にも注目です。ソールプレートがない代わりに、同じ場所には「ODYSSEY TOULON」のロゴが刻みこまれています。またその左右には、通常モデルとは違う、特別に仕上げられた製品であることを証明する、“TOULON GARAGE”のロゴと、“SFO PROTO”の刻印も! レア感満載です。 

「ODYSSEY TOULON パター SFO プロト」は、“ここにしかない、キャロウェイ”製品を取り扱う「CALLAWAY EXCLUSIVE」でのみ、数量限定発売となります。こちらも12月14日発売予定です。お早めのチェックを!

「ODYSSEY TOULON パター」のスペシャルサイトはコチラ!

「ODYSSEY TOULON パター SFO プロト」の製品ページはコチラ!