ツアープロ7名にクロムソフトの使用感を聞いてみた!

キャロウェイのツアーボールとして、すっかりお馴染みとなった、「クロムソフト シリーズ」。今年、「クロムソフト」「クロムソフト X」ともに、ナノテク素材であるグラフェンが注入され、さらに性能がアップしたことも、みなさん、ご存じですよね? キャロウェイWEBサイトの「クロムソフト シリーズ」スペシャルサイトでは、スタッフプレーヤーのみなさんのファーストインプレッションを公開していますが、この撮影をしてから半年以上が経ちました。新しい「クロムソフト シリーズ」で何試合もシーズンを戦ってきたいま、プロのみなさんは、このボールに対して、あらためてどんな感想を語るのでしょうか。お話を伺ってみました!

まずは、石川遼プロから。石川プロは、開口一番、「完璧なボールです」と、大満足の様子です。
「以前使用していたモデルより、若干柔らかくなったのですが、自分の重要だと感じているボールのパフォーマンスをほとんどすべて満たしています」

なかでも、飛距離とグリーンで止まる性能の両立に、とても驚いているそうです。
「ボール開発では、飛距離性能を向上させ、同時に、スピンを増やしてグリーンで止まるボールを目指すと思いますが、これも限界があるはずですよね。飛んで、止まるボール。矛盾しているような気もします。でも、新しいボールに変えてから打ち出し角度が上がったおかげで、とくにロングアイアンが本当にやさしくなりました。また、飛距離も明らかに伸びています。それでいて、従来のスピン量をキープしている。これは凄いことです! 普通、打ち出しが上がって飛距離がアップするような飛ぶボールは、スピンが減る傾向ですが、このボールは変わらずに適正なスピン量をキープしています。ショートゲームでは従来よりスピン量がアップしているので、よく止まります。文句なしです」

この点については、上田桃子プロ柏原明日架プロも口を揃えて、「ドライバーで飛んで、グリーンでしっかり止まってくれます」とコメントしているので、相当な性能向上を果たしているポイントと言えるのでしょう。

上田桃子プロ「飛ぶ!グリーンで止まる!」

柏原明日架プロ「ドライバーで飛距離が出て、かつグリーン周りでの性能が良い!」

また重永亜斗夢プロは、とくにボール初速と飛距離の向上について語ってくれました。

重永プロは、正直なところ、「これまでのボールでは、ドライバーのボール初速が少し物足りない」感じを受けていたそうです。「でも、新しいボールでは、とても初速が速くなって、より飛距離が出るようになったので、とても満足しています」

一方、打感の良さを高く評価していたのが、期待の新鋭、中里光之介プロ

中里プロはジュニア時代からずっと、キャロウェイのボールを使用しているプレーヤーですが、「いままでのボールのなかで、いちばんいい!」と感じているそうです。「僕はボールを選ぶときに、打感をいちばん重要視しています。ドライバーからウェッジ、パターまで、自分の思いどおりの感触で打てるかどうか? その点、このボールは打感がすばらしいです。とくに、パターでのタッチがもっとも気になるところなのですが、そこも最高ですね」

最後は、テレサ・ループロ佐伯三貴プロ。お二人も、とてもお気に入りのようですよ。

テレサ・ループロ「スピン量が安定しているところが良い!」
佐伯三貴プロ「違和感なく、スムーズに前のボールから変更出来た点がよかった!」

もちろんプロだけでなく、すでに新しい「クロムソフト シリーズ」を長く愛用されているアマチュアゴルファーの方も多いはず。みなさんは、どんな印象をお持ちになっていることでしょうか。ちなみに、「クロムソフト シリーズ」のスペシャルサイトでは現在、アマチュアのモニターの方の評価コメントも多数掲載しています。ぜひこちらもご覧いただき、ボール選びの参考にしてみてください。

「クロムソフト シリーズ」のスペシャルサイトはコチラ!

「クロムソフト シリーズ」を購入する!