「ROGUE STAR ユーティリティ」「ROGUE STAR アイアン」「ROGUE アイアン」の試打クラブも入りました!

先週の2月2日から、いよいよ店頭試打ができるようになった、「ROGUE STAR ドライバー」「ROGUE STAR フェアウェイウッド」。みなさん、もう打ちましたか? 販売店さんからも、大変な好評ぶりという声がどんどん届いています。そして、本日2月9日には、「ROGUE STAR ユーティリティ」「ROGUE STAR アイアン」「ROGUE アイアン」の試打クラブも、店頭に入荷です!

「ROGUE STAR ユーティリティ」には、進化したフェースとフェースカップテクノロジー、強弾道を生むアンダーカット・インナーウェイトテクノロジー、ボーイング社と共同開発したエアロダイナミクスなど、多くの最新技術が詰め込まれていますが、やっぱり注目なのは、なんといっても「2本の柱」、JAILBREAK テクノロジーがついに搭載されたことですよね。この2本の柱によってインパクト時のクラウン、ソールのたわみを抑制し、エネルギーをフェースに集中。かつてないボール初速、そして大きな飛びをもたらしてくれます。

キャロウェイ・スタッフプレーヤーの深堀圭一郎プロは、ファーストインプレッションで、「EPICより飛距離が出て、ボールのコントロール性や打感も向上している」とベタ褒めです!

「ROGUE STAR アイアン」「ROGUE アイアン」は、いわゆる“飛び系アイアン”です。キャロウェイの飛び系アイアンには、EPIC STAR アイアンもありますが、ROGUEの2つのアイアンはトップブレードが少し厚めで、昔ながらのキャロウェイらしい顔つき、デザインとなっていますね。

「ROGUE STAR アイアン」「ROGUE アイアン」の2つを比較すると、まずバックフェースのデザインが違います。また、ロフト設定も異なっています。ROGUE STAR アイアンはストロングロフトで、7番がロフト27度。ROGUE アイアンは、7番で30度となっていて、Steelhead XR アイアンと同じ設定です。

“飛び系アイアン”ということからもわかるとおり、「ROGUE STAR アイアン」「ROGUE アイアン」も、やっぱり飛びが自慢です。もうお馴染みとなった360フェースカップテクノロジーや、場所によってフェースの厚みを最適に変化させているVFTフェース・テクノロジーによって、高い打ち出し角とボール初速を実現。飛距離性能に優れたアイアンとなっています。

また、飛距離性能と並んですごいのが、打感。一般的な“飛び系アイアン”には感じられない柔らかさなんです! 新開発のウレタン・マイクロスフィア・テクノロジーという技術がバックフェースに投入されていることで、ボール初速はとても速いにもかかわらず、ボールがフェースに食いつくようなフィーリングも実現しています。

キャロウェイ・スタッフプレーヤーの重永亜斗夢プロは、気に入ったモデルを長く使いつづけるプレーヤーとして知られていますが、そんな重永プロも、「ROGUE STAR アイアン」の飛びと打感の良さに相当驚いたようで、ファーストインプレッションの時点で、「上の番手だけ入れようかな」とまで言っていました。

ウレタン・マイクロスフィア・テクノロジーをはじめとして、「ROGUE STAR アイアン」「ROGUE アイアン」の詳細については、また後日、あらためてキャロウェイニュースでもお伝えする予定ですので、しばしお待ちを。
ROGUE STAR アイアンのスペシャルサイトはこちらからどうぞ。

「ROGUE STAR ユーティリティ」は2月23日、「ROGUE STAR アイアン」「ROGUE アイアン」は4月中旬の発売予定です。それまでに、お近くのお店でどんどん試打クラブを打って、性能をお確かめください!

※販売店検索はこちらから(一部、試打クラブのお取り扱いがない店舗がございますのであらかじめお問い合わせください)

ROGUE スペシャルサイトはコチラ!