スタッフプレーヤーも大興奮! パークゴルフをやってみた!前編【2018.3.14】

みなさん、「パークゴルフ」をご存じですか? 北海道発祥で、いまや全国に約1300ほどのコースがあり、愛好者は120万人を超えるとも言われている人気スポーツです。

名前にゴルフとあるとおり、ルールはゴルフと似ていて、18ホールを回ってスコアを競うわけですが、大きく違うのが道具。ドライバーのような、でもパターのようでもある、パークゴルフ専用クラブを、1本だけ使ってプレーをします。またボールは、ゴルフボールよりかなり大きいサイズ。子どもからご年配の方まで、手軽に楽しむことができる競技です。

なんと、このたびキャロウェイ・スタッフプレーヤーの深堀圭一郎プロ、石川遼プロ、藤田光里プロ、柏原明日架プロが、この「パークゴルフ」で対決! 果たして、ゴルフのようにうまくプレーできたのでしょうか? それとも、「まったく勝手が違う」と嘆くことになってしまったのでしょうか? 

藤田プロは、北海道出身で経験があるということなので有利な感じもしますが、結果はいかに! 
前編・後編と2回に分けて、ムービーをお届けします。ぜひ、ご覧ください。

「パークゴルフ」で対決! 前編
深堀圭一郎プロ、石川遼プロ、藤田光里プロ、柏原明日架プロ

楽しい! もっとやりたい!  パークゴルフをやってみた!後編