2本の柱がフェアウェイウッドとユーティリティに搭載!【2018.1.17】

本日は、昨日の「ROGUE STAR ドライバー」に続いて、「ROGUE STAR フェアウェイウッド」「ROGUE STAR ユーティリティ」の詳細紹介をお届けします。

今回の「ROGUE」のトピックといえば、なんといっても、「JAILBREAK テクノロジー」がフェアウェイウッドとユーティリティにも搭載されたことです。1月9日の発表会では、上田桃子プロも、「早くJAILBREAK テクノロジーが入ったものを打ってみたかった」と言っていましたから、本当に心待ちにしていた方は多かったんじゃないでしょうか?

以下は、柏原明日架プロのフェアウェイウッド試打映像です。まずご覧ください。

いきなり打って、GBB EPICよりもボール初速が毎秒2.5m上がり、飛距離も10ヤード以上伸びていますから、プロが驚くのも無理はないですよね。柏原プロの何ともいえない表情が、とても印象的です。JAILBREAK テクノロジー、恐るべしです!

今回、フェアウェイウッド、ユーティリティにもJAILBREAK テクノロジーが投入されたのは、やはり、インパクト時のクラウンとソールのたわみが要因です。ドライバーよりヘッドが小さいことなどもあり、フェアウェイウッド、ユーティリティでは、たわみがそれほど大きくないものと思われていましたが、研究を重ねたところ、とくにクラウンのたわみが大きく、エネルギーロスをしていることがわかったんです。

でも、「ROGUE STAR フェアウェイウッド」「ROGUE STAR ユーティリティ」の、EPICを超える飛びの理由は、それだけではありません。

まずは、より薄肉化されたフェースカップテクノロジーです。素材にはカーペンター455スチールを採用。これは、とても薄く仕上げることができ、ボール初速を高めるのに適した素材です。また、フェースカップテクノロジーは、キャロウェイが長年培ってきた独自の技術。オフセンターヒット時でも、高いボール初速を実現してくれます。

ヘッド内部には、アンダーカット・インナーウェイト テクノロジーも導入しています。この技術は、重心位置のコントロールに自由度をもたらしてくれるもので、最適な重心設計を実現。高弾道、低スピンのビッグボールを、やさしく打てるようにしてくれています。

エアロパッケージも、ドライバーと同様、世界有数の航空宇宙機器メーカー、ボーイング社とともに見直しを図っています。スピード・ステップやヘッドのリーディングエッジが改善され、スイング中に発生する空気抵抗を低減。これによりスイングスピード、ヘッドスピードがアップし、ボール初速が向上します。

また、フェアウェイウッドでは、軽量で強度も高いトライアクシャル・カーボンクラウンを採用しています。これにより生まれた余剰重量は、ヘッドの重量配分の最適化に貢献。驚きのやさしさにつながっています。
最後に、佐伯三貴プロのユーティリティ試打映像をご覧ください。

フェアウェイウッドでもユーティリティでも、こんなに簡単に飛距離が伸びてしまうなんて、本当にスゴイことですよね! 「EPICを、やさしさで超えろ。飛距離で超えろ。」というコピーにも、みなさん納得されるんじゃないでしょうか。「ROGUE STAR フェアウェイウッド」は2月下旬、「ROGUE STAR ユーティリティ」は3月中旬発売の予定です!

「ROGUE STAR フェアウェイウッド」「ROGUE STAR ユーティリティ」
のスペシャルサイトはコチラ!