人生で絶対やっておきたい「5つのこと」 南出仁寛編

今回登場のキャロウェイ・スタッフプレーヤーは、南出仁寛プロ。日本のドラコン競技で何度も優勝し、2013年の世界ロングドライブ選手権においてベスト16に勝ち残った経歴も持つ、まさに“日本一のドラコンプレーヤー”です。そんな南出プロだけあってか、今回挙げてもらった5つの答えのなかで、3つが“飛ばす”ことに関するものでした。といっても、そのうちの1つは、ゴルフとはまったく関係ないものでしたが……。

●沖縄に住みたい
だって暖かいですもん。暖かいところに住みたい。僕は寒いのが全然ダメで、冬場のゴルフなんていっさいダメなんです。飛距離も、全然振れなくなるから、だいたい1割くらい落ちます。僕は汗かきなんで、汗をかきながらやったほうがいいです。沖縄はなんかいいですよね。ガチャガチャしていなくて、みなさん、忙しくしてないでしょ。本島でもいいですし、離島でもいいです。70歳くらいになったら。そこまで生きているかはわからないですけどね。沖縄はよく行きます。でも、観光はしてないですね。ドラコンの試合とゴルフでしか行ってない。好きなコースは、海沿いにあるザ・サザンリンクスゴルフクラブですね。

●シニアツアーに出たい
これはちょっと真剣です。最近になって思いはじめましたね。もうドラコンも10年、11年とやっていて、来年はもう40歳ですし、ドラコンには45歳からシニア部門もあるんですけど、それも3、4年やって、世界でいいところに行けたらいいなと。それからあとはシニアツアーに出てみたい。これまで、ドラコンからツアーに行った選手はいないので、行ったらおもしろいやろなと。ゴルフ競技からドラコンへというのは普通の流れなんですけど、ドラコンからゴルフ競技に、というのがいないので。アメリカではいま、キャロウェイのドラコン選手だったジェイミー(サドロウスキー)がやっていますね。ジェイミーはもうドラコンをやめて、ツアーを目指しています。でも、彼はもともとゴルフがうまいので、レギュラーツアーでいいんですけど、僕はシニアツアーかなと。でも、ゴルフの練習をしなきゃいけませんね。僕、全然、ゴルフしてないですから。年間のラウンドは、去年は60ぐらいだったんですが、例年なら30台ですよ。40回も行かないくらい。普通のアマチュアの方のほうがラウンドしてますよね。ゴルフ場に行くことはメッチャあるんですけど、1番ホールでドライバーを打つだけでラウンドはしないですから(笑)。だから、ゴルフがすごく下手なんです。いいときとダメなときの差が激しい。60台から80台後半まで行くので、みんなに「うまいのか、下手なのか、どっちやねん!」って言われます。それに、ドラコンに関しては全然緊張しないのに、普通のゴルフの朝の1番ホールはメッチャ緊張するんです。「OBを打ったらどうしよう」と(笑)。

●旅客機を操縦したい
旅客機、しかもいちばんデカいジャンボジェット。これはもう、年齢制限があることなので、現実にはできないんですけどね。飛行機が好きで、小学校のときはパイロットになりたかったんです。でも、それには数学と英語が必要ということで、無理やなと(笑)。2016年のジャパンゴルフフェアのときに、キャロウェイのXR 16に関するトークショーで、パイロットの制服を着させてもらったのですが、あれはうれしかったですね。飛行機は全然怖くないです。乗ってるときに揺れたら、僕は楽しいですもん。最近は長い時間乗っているのが、少ししんどくなってきましたけどね。あくまで操縦したいのは旅客機で、戦闘機じゃないです。そっちは全然興味がない。ビシッと制服を着て、人の命を運ぶ。でも、いま操縦したら、すぐ落ちますけどね(笑)。何にもわからないから、何かボタンを押した瞬間、落ちます(笑)。それに、逮捕されますね、僕(笑)。セスナとかだったら、いまから資格を取りにいくこともできますけどね。

●ダスティン・ジョンソンとバッバ・ワトソンとラウンドしてみたい
スコアで負けるのはわかっているので、それはどうでもいいんです。飛距離で勝つのか、負けるのか。でも、ラウンド中の飛距離だったら、負けるかもしれないですね。2人とも身長が190cmくらいあるでしょ(ジョンソン193cm。ワトソン191cm)。僕、177cmですよ。180cmないですから。6mmくらい縮んでました、この前、測ったら(笑)。「もう一回、身長計に乗って」と言われて乗ったんですけど、やっぱり177cmで。「縮んでるやん」って。

●標高の高いところでドライバーを打ってみたい
高山病にならない程度で(笑)。富士山より高いようなところで打ったら、どれくらい飛ぶのかなと。でも、しんどいやろね。酸素マスクしながら、ですかね(笑)。世界記録が551ヤード(2007年にアメリカ人のマイク・ドビンが記録)らしいんです。でも、どこで打ったかはよくわからなくて、どうも富士山くらいの標高で、風もすごかったらしいという噂があります。その記録を超したいですね。高いところのほうが、やっぱり飛びます。軽井沢でも全然違いますよ。空港の滑走路では打ったことがあるんです。茨城県の阿見と大利根で。でも、水はけのために滑走路が左右に傾いていて、真っすぐ打っても、滑走路の外に出て行ってしまう。だから、500ヤードも行かないんです。羽田空港とか、もっと広い滑走路なら行くんでしょうけどね。

5つが出揃ったところで、最後に南出プロに、なかでもいちばん達成したいものを1つ、選んでもらったところ、やはり、「ちょっと真剣」と話されていたとおり、「シニアツアーに出たい」が挙がりました。
そのお話のなかで「ゴルフ場に行くことはメッチャあるんですけど、ラウンドはしない」というのは、かなりおもしろいエピソードですよね。“ドラコンプレーヤーあるある”なのでしょうか。でも、シニアツアーに参戦したら、状況が180度変わるはず。11年後、南出プロの新たなステージでの大活躍に期待したいですね。

<順次更新中! 人生で絶対やっておきたい「5つのこと」>
「寒中水泳!」 石川遼編
「スカイダイビング!」藤田光里編
「メジャーで勝つ!!」 佐伯三貴編
「タイガー・ウッズとゴルフがしたい!」 上田桃子編
「ロングヘアにしてみたい!」 柏原明日架編